ガラス塗料ラインナップ

ガラス塗料   表面保護塗料になります。

ハイブリットガラス塗料   有機系塗料を若干含んだガラス塗料です。

呼吸性ガラス塗料   表面保護塗料になります。

液体ガラス   コンクリートの改質に使用します。


すぐに分かるガラス塗料の基礎知識

ガラス塗料とは?

ガラスは石英が原料で、高温で液体になり、常温になるとガラスになります。
ガラス塗料は、特殊触媒を添加することでガラスを常温で液体にしたものです。
塗布すると薄いガラス膜ができます。これがガラス塗料で常温ガラスコーティングともいわれています。

なぜガラス塗料なの?

ガラス塗料は耐久性に優れているのが特徴です。なぜ、ガラス塗料がおすすめなのか?
それには、塗装工事費の内訳が重要なポイントになります。

塗装工事費内訳
・足場費(高所作業)
・養生費(飛散防止、非塗装面の保護)
・労務費(人件費)
・材料費(塗料および希釈材)

塗装工事には、これらの費用がかかりますが、残るのは塗料だけです。
塗装工事全体に占める塗料代の比率は汎用塗料で10%強から高級な塗料でも30%くらいまでです。汎用塗料でも 高級塗料でも足場費や養生費、労務費はほとんど同じようにかかります。仮に、汎用塗料の耐久年数が5年、 高級塗料の耐久年数が10年とすると汎用塗料を繰り返し塗り替えるよりも高級塗料を使用した方が良いことは、 一目瞭然です。しかし、耐久性のある有機系高級塗料はもともと、液体化しにくい素材を強い有機溶剤を使って 溶かしているので環境負荷が大きいのです。
この点、ガラス塗料は有機溶剤を使用していませんから環境負荷が 少なく耐久性があるのでおすすめなのです。

塗料にはどんなものがあるの?

有機系塗料 合成樹脂系塗料(石油が原料になります)
自然系塗料(植物油が原料になります)
無機系塗料 完全無機系塗料(ガラス塗料)
無機系塗料(シリコン塗料)

※シリコン系塗料は多くの場合、無機塗料に分類していますが、
実は有機と無機の中間の性質を持っています。

コンクリートの保護

コンクリートは、砂利・セメント・水を練って作られアルカリ性の属性を持っています。
しかし、酸性雨や炭酸ガスの作用により中性化していきます。

コンクリートの劣化 中性化して鉄筋がさび、コンクリートにクラックが発生する。
アルカリ骨材反応 アルカリ性骨材が水分を含んで膨張し、コンクリートを破壊する。
塩害 推奨ガラス塗料:クリスタルストーンNR
コンクリート内部に浸透した塩分が鉄筋を腐食させコンクリートを破壊する。

コンクリート床の保護

コンクリート床は埃がでる、油がしみこむ、タイヤ痕がつくなどの問題があります。多くの場合、塗り床材が塗装して ありますがふくれやはがれ、摩擦のため、たびたび塗装し直す必要があります。特に油がしみこんだ場合、油を除去しないと塗装できません。
そこで、液体ガラスを使用すれば、油や水分の進入を押さえ、耐磨耗性のある床にすることができます。

表面着色が必要なとき シールコート007
シールコートN.C
ナノコートベース

打放コンクリートの保護

推奨ガラス塗料:ナノコートクリア

建築に使われるコンクリート打ち放しには一般的に撥水材が使用されます。撥水材に要求される性能は過酷なものです。コンクリートの 質感を損なわない、コンクリート内部への雨水の侵入を防止する、濡れ面にならないなど。
ところが現状の有機塗料やシリコン塗料では、撥水材がもたない、耐久性が無いというのは常識なのです。その耐久性は1年から数年と言われています。
当社では、呼吸性ガラス塗料を撥水材として使用しています。
この塗料は微細なガラス粉末をガラス塗料で結合しているので、ナノレベルの微細な穴が作られます。この穴は、水分子よりも小さいので水は通さず、空気や水蒸気は通します。
ガラスですから紫外線による劣化が起こらない。呼吸性だからコンクリート内部の空気の膨張収縮による剥離圧力を逃がす。てからず、コンクリートの質感をそのままに保護できる。
耐久性に優れているなどの特徴から高い評価を得ています。

コンクリート構造物の保護

推奨ガラス塗料:T&C防食

コンクリートの劣化にはほとんどの場合、水が作用しています。コンクリート内部への水の浸入を抑制できればコンクリートは保護できます。
T&C防食は液体ガラスと浸透性シリコン系塗料を使用することでコンクリート表面の空隙の80%を埋め、水分の浸入を抑制し、コンクリートの耐久性を向上させます。
T&C防食は凍結融解障害に対する抵抗性、防水性、外観の保護、安全性を評価されて建設技術審査証明を取得しています。コンクリートの外観にはほとんど変化はありません。 2種類の浸透系改質剤を利用したコンクリートの耐久工法。通常50年と言われるコンクリート耐久性を200年に。凍結融解に強く、中性化、防水性、美観保護に有効な工法です。 寒冷地でも耐久性を証明した工法は全国どこでも有効です。
(建設審査証明取得)

タイル目地の保護

推奨ガラス塗料:テリオスコートNP−360G

陶器タイル、磁器タイルとも高温で焼成され、耐久性のある建材として知られています。このタイルの貼付には、モルタルが使用されその接合部分は目地といわれていますが、 この目地の保護に有効な方法がありませんでした。ところが、ガラス塗料をタイル表面も併せて塗装すると目地部への水分の浸入を防ぎ、保護してくれます。
目地部にかびが生えたりすると手入れが大変ですが、目地までガラス化すれば、目地の中にはかびは生えず、表面にでたかびも濡れ雑巾で簡単に取ることができます。

木材の保護

推奨ガラス塗料:テリオスコートウッド

木材は貴重な建築資材ですが水分があると腐食する、シロアリに食われるなどの問題があります。自然に放置してある場合は腐食して土に帰り、 次の世代の養分となるので何の問題もありませんが建材としては困ります。したがって、木材を長持ちするには、雨水にあてないで乾燥させるのが一番です。 法隆寺の五重塔が千年耐えているのはその耐震構造とともに多重の屋根によって木材が雨から守られているからです。 木材にガラス塗料を塗布すると一部は木材に浸透します。このガラス塗膜は木材を腐食から守ってくれます。
塗膜型木材用ガラス塗料は紫外線に強く、経年変化による退色が少ないものです。

その他ガラス塗料:ナノコートウッド

木材の香りを活かす場合は、呼吸性塗膜型木材用ガラス塗料を使用します。

鉄部の保護

推奨ガラス塗料:シールコート007
(下塗り材:NK-100)

ステンレスの保護

推奨ガラス塗料:テリオスコートNP−360G

着色ができるガラス系塗り床材

推奨ガラス塗料: シールコート007
推奨ガラス塗料:シールコートN.C
推奨ガラス塗料:ナノコートベース


ガラスの落書き防止塗料

推奨ガラス塗料:テリオスコート
推奨ガラス塗料:テリオスコートQD

ガラス塗料はアルコールを溶剤として使用しています。
有機系の落書き防止塗料は、落書きを消すためにシンナーなどで拭くと艶が消えいきます。
ガラス塗料は、有機溶剤を使用していないので繰り返し拭いても艶が消えることがありません。

超薄付けコンクリート補修材

推奨ガラス塗料:USCP

コンクリートの超薄付けが可能な補修材で、下地補修に利用しています。ハンマーでたたいてもはがれや割れが発生しません。