液体ガラス

クリスタルストーンNR(コンクリート改質剤)

クリスタルストーンNRは、多孔質のコンクリート、モルタルへの浸透性無機質反応型改質剤です。有機高分子系の防水・改質剤とは異なり、 コンクリート・モルタル等の多孔質石造材料に珪酸アルカリ水溶液を塗布し、浸透させ、アンモニウムイオンとハロゲンイオン存在下に 珪酸カルシウムとコロイド珪酸を生成させ、材料の孔を、完全に充填して無孔化します。すなわち、コンクリート内部のイオンと、 置換反応を起こし内部に不溶性の結晶体(ガラス物質)を形成します。このため、低コスト、工期短縮が 計られまさに革命的ともいえる多孔質系の改質剤です。

クリスタルストーンNR処理による表面の無孔化イメージ

クリスタルストーンNR処理による表面の無孔化イメージ

クリスタルストーンNR優れた特徴

1.耐久性(強度・防塵)

クリスタルストーンNRを塗布すると、コンクリート内部に不溶性結晶体を形成するため、防水およびコンクリートの表面強度の増大が計られ、 耐磨耗性が強化されます。また、空隙部が無孔質に改質されるため凍結融解にも強く、防水効果は発揮され続けます。特に、酸性雨において コンクリートの中性化などの劣化がおきますが、クリスタルストーンNRの未反応部分がこれらを取り込み、不溶性部分を形成するため、 酸性雨に対して顕著な効果を発揮します。また、この耐久性は経時強化させるため劣化が見られません。

2.中性化/劣化防止性(経年劣化したコンクリートのリフレッシュ)

コンクリートのアルカリ成分は空気中の炭酸ガス等との作用により絶えず浸出し続けています。この中性化現象の要因である水、炭酸ガス、 酸化性ガス等の進入をクリスタルストーンNRとの反応で形成された改質層が防ぎ、しかもクリスタルストーンNRのもつ強アルカリで再生させる効果もあります。

3.耐候性の向上/冷凍融解の防止

耐候性が向上し、紫外線による劣化を抑制します。また、水分の浸透を防止して、凍結/融解のサイクルによって発生するクラックを防止します。

4.コストの低減化

クリスタルストーンNRで処理したコンクリートは初期の材料・施工費用分がかかるだけで、メンテナンスフリーで高耐久性のため、抜群の経済性を誇ります。

5.耐薬品性(化学的抵抗性)の向上

以下の耐薬品性(科学的抵抗性)が表れます。

A) 各種炭化水素および置換炭化水素類(例:ハロゲン化炭化水素類、アルデヒド・ケトン類、
アルコール類、アミン類、界面活性化剤、脂肪酸等)
B) 各種油類(例:自動車用、機械用、食用等)
C) その他、塩類水溶液(海水等)、不凍液等

クリスタルストーンNR塗布直後

クリスタルストーンNR塗布直後

USCP(ウルトラ・サーフィス・コンクリート・ポリマー)

USCP(ウルトラ・サーフィス・コンクリート・ポリマー)は、従来のコンクリートの欠点 (例えば屈曲力の弱さや薄い部分の脆さといった)を補強するものとして考案された製品です。セメント、砂、砕石と混合することを 前提に特殊開発された「四重合体製品」であり、その結果様々な表面の修理・保全にピッタリのしなやかで粘着性のある新しいセメント混合物で USCPという画期的な表面仕上げを生み出します。

USCPは粘着性に富むため、老朽化したコンクリート、木材、金属、レンガ、タイル、石材、アスファルトなど様々な素材にしっかりと接着。 0.15mm以下の薄い使用にも修理面の深さに応じた厚い使用にも有効です。また、その優れた耐久性は、凍結・融解による浮き上がりや 紫外線による品質低下、風化などを防止。修理や、交配をつけなおす、水平に再舗装する、防水加工を施す、表面の美観を整える、といった ニーズに対応でき、コストも節約できます。
モルタル及びコンクリート状カラー仕上げ剤になります。

クリスタルストーン

クリスタルストーンはコンクリート改質と撥水性という二つの機能を併せ持つ新素材です。
変性珪酸ナトリウムにアルカリ性撥水剤を添加して一液に仕上げ、施工性が良くなりました。
クリスタルストーンはT&C防食を一段と進化させ、撥水剤には耐久性がない、コンクリート改質剤は防水性能に劣るという問題を一挙に解決しています。

クリスタルストーンについて
クリスタルストーンの特徴

1.浸透性に優れている。

高い浸透性を有しており、剥がれや膨れが発生しにくくなります。6mm以上の浸透性を確保しています。

2. 使用材料の長期安定性に優れている。

不溶性の変性珪酸ナトリウムにアルカリ性撥水剤を添加した材料であるため、防水性に優れ、紫外線劣化を受けません。

3.施工後も外観が変化しない。

コンクリートの質感を損なわず、耐久性のある撥水性により外観保護性能を持っています。

4.施工性に優れている。

1種類の材料を塗布するだけなので、施工性に優れており、コンクリート打設後の施工が可能であることからコンクリートの高性能化、 高機能化に伴う種々のニーズに対応することができます。T&C防食にくらべ、格段に施工性が向上しました。

5.安全性に優れている。

使用材料に有害な物質を含んでいないので、安全性に優れています。

6.価格・経済性

施工性を改良したためより安価に提供できるようになりました。メンテナンスフリーとなり、ライフサイクルコストを考慮した維持管理にお役立てできます。

7.用途

コンクリート構造物全般。打ち放しコンクリート。コンクリート床材。

T&C防食(コンクリート超耐久工法

浸透性材料で初の建設技術審査証明取得

T&C防食はこれまで不可能であった、コンクリート構造物の ※1スケーリングによる劣化を防止する為に開発された工法です。
※1(スケーリングとは、凍結融解によるコンクリートの表面は剥離現象のこと)

T&C防食はスケーリングばかりでなく、塩分、水分、炭酸ガス等を制限する事により中性化や塩害に対して強力な効果を発揮します。

凍結融解の影響の無い地域でもコンクリート構造物の寿命を延ばすことのできる技術です。

屋外曝露試験
T&C防食の特徴

1.浸透性に優れている。

高い浸透性を有しており、剥がれや膨れが発生しにくくなります。

2.使用材料の長期安定性に優れている。

浸透性が高く不溶性の材料であることから、紫外線等による長期劣化に優れています。

3.施工後も外観が変化しない。

無色透明な材質であり施工後も、コンクリート構造物の外観が変化しません。

4.施工性に優れている。

2種類の材料を塗布するだけなので、施工性に優れており、コンクリート打設後の施工が可能であることからコンクリートの高性能化、 高機能化に伴う種々のニーズに対応することができます。

5.安全性に優れている。

使用材料に有害な物質を含んでいないので、安全性に優れています。

アスゲンシーラー

現在、大きな社会問題になっているのにアスベストがあります。
健康被害が心配されているアスベストは容易に飛散し極めて 長い間一般環境中に留まることが知られていいます。アスベスト対策で健康被害を防ぐことは大事なことです。

アスベストの健康被害
アスベスト暴露に関連あるとして確認されている疾病は、石綿肺、肺がん、 悪性中皮腫の3疾患に加え、良性胸膜疾患として、胸膜炎、びまん性胸膜肥厚、円形無気肺(または無気肺性偽腫瘍)及び胸膜プラ−クがある。 これらはいずれも空気中に浮遊するアスベストを吸収することによって発生する。
参考資料:厚生労働省・労働基準監督署パンフレット

 

G式アスベスト処理の特徴

@ 優れた浸透性
吹付けアスベストの下面から塗布したアスゲンシーラーは3時間で37mm浸透します。 この浸透性の良さとアスベストの針状結晶を団塊ガラス化する性能は、アスベスト対策に大きな長所となります。

A 安全、安心
アスゲンシーラーは非接触低圧噴霧工法です。 作業中もアスベストに接触することはありません。安全・安心な工法です。

作業中アスベスト飛散濃度例

封じ込め作業中  50本/リットル未満 <0.15本/cm 3未満 (石綿則レベル3)

封じ込め作業終了後 0.5本/リットル未満 <10本/リットル未満 (日本建築センター)

負圧除塵機出口   0.5本/リットル未満 <10本/リットル未満 (日本建築センター)

B 作業時間の大幅な短縮と工事費の低減
液剤の浸透性の良さは工期の大幅な短縮になり、工事費を安くすることができます。

C 施主負担の軽減
工期の短縮は施主の業務負担を軽減させます

G式アスベスト除去工法

○ 安心・安全・迅速
アスベスト除去の最大の問題は猛烈な粉塵を発生させることです。 このため除去作業では隔壁の設置、前室設置、負圧除塵などが義務付けられています。アスベスト除去には 粉塵飛散抑制剤(湿潤剤)が使用されますが、浸透性が悪いため、スクレーパーなどで吹付けアスベストを除去するとき、 大量の粉塵が発生するのです。この点、アスゲンシーラーは浸透性に優れているため、十分に浸透・固化させれば飛散の 少ない除去を行うことができるのです。しかもこのときアスベストの針状結晶は破壊されてしまいます。

○ 廃棄物処理が軽減できる
G式アスベスト処理したアスベストは粉砕により、その体積を約1/6に 減容できるので処理費用と処理場への負担を軽減できます。

G式アスベスト封じ込め工法

封じ込め工法で、石綿含有建材に接触せず、振動等による石綿の飛散の恐れがない場合には大気汚染防止法の対象外です。 G式アスベスト処理は低圧でのアスゲンシーラー吹付け作業ですから、ほとんどの場合、大気汚染防止法の対象外となります。 隔離・前室設置・負圧除塵は必要がなく、アスゲンシーラーにより湿潤化作業を行います。
また、浸透性がきわめて優れているため作業性がよく、工事期間を短縮できます。G式アスベスト処理では 防火・耐火性能を維持できるので有機系の処理剤のように、新たな防火・耐火対策は必要がありません。処理後も 処理済み材が安定しているために管理が容易です。こうして、処理費用も低減できるのです。

G式アスベストの飛散防止・非加熱無害化処理と再利用

1.アスベストは、繊維状珪酸鉱物で天然ガラス状物質である。

2.アスベストの健康被害の原因は、その針状結晶にある。

微細化された針状結晶が大気中に浮遊し、呼吸により人体内に侵入し健康障害を引き起こす。

3.G式アスベストの飛散防止方法とその無害化処理方法とは

(1)飛散防止処理
(2)針状結晶破壊処理
からなる。

G式アスベストの飛散防止方法とその無害化処理方法とは

4.飛散防止処理

G式においては、従来の高分子素材や樹脂のマスキングによる固化飛散防止法ではなく、珪酸ナトリウムや珪酸カリウムを主成分とする 珪酸アルカリ溶液とアスベスト吹きつけの際の結合材に使用したセメントに含まれるカルシウム、マグネシウム、アルミニウムイオンの 化学反応により、アスベスト表面にガラス物質を生成させる。 このことより、針状結晶の肥大化、針状結晶同士の結合により比重を増しながら固化することで飛散を防ぐこととなる。
ガラス物質表面にガラス物質を生成させることにより、異種成分での固化と違い、活着状態に優れる。

処理前 処理後

前図のようにアスベスト(珪酸塩ガラス物質)の表面に同様の珪酸塩ガラス物質を生成させることで、 アスベスト(珪酸塩ガラス物質)と生成された珪酸塩ガラス物質は同種珪酸塩ガラス物質のため結合同化し、 アスベストの針状結晶を肥大化させ針状でなくなる。

5.珪酸塩・コロイド珪酸(ガラス物質)の硬化

イオン置換反応が進行するほど、珪酸塩・コロイド珪酸(ガラス物質)の生成も進行し結晶が緻密化され硬度は増す。

珪酸塩・コロイド珪酸(ガラス物質)の硬化
しかも、硬化後も有機溶剤を含んでいないため、
本来の耐火・耐熱の効果は失われない。
珪酸塩・コロイド珪酸(ガラス物質)の硬化

6.硬化後の処理方法

同化硬化の処理方法に進行すると硬度も増す。これを粉砕することで針状結晶は破壊される。

硬化後の処理方法

7.リサイクル・再利用

粉砕後の再利用は、セメント原料、窯業原料に再利用が可能である。
または、再度、珪酸アルカリ溶液で固化させることでガラスに匹敵する硬度を持った耐熱耐火材としての利用が可能である。

8.アスベスト対策に活用できる補助金制度

吹付けアスベスト等の除去、封じ込め、囲い込み等については、補助制度の適用となるものがあります。当社までご相談ください。